日常生活で使える映画慣用句集

日常生活で便利に使える映画の名セリフを紹介していきます。ただし、あまり真面目に読み過ぎないで下さい。

2016年映画感想録~4

ブログのお題とは離れるけど、引き続きfacebookに書いた今年の映画感想集。
今回は『愛∞コンタクト』『この世界の片隅に』です。
これで最終回になるけど、感銘を受けても書いてないのがけっこうあります。『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』とか『大地を受け継ぐ』とか遂に公開に漕ぎ着けた『SHARING』とか、良かったですよ。話題の『シン・ゴジラ』も驚かされました。

『愛∞コンタクト』(2016/11/7 記)

早川ナオミことエロカワ中原翔子お姉さまが仕切った映画『愛∞コンタクト』を、渋谷ユーロスペースで観てきましたよ。性の鬼才、代々木忠監督の著書を原作に、深井朝子、渡辺あいの二監督が手がけた3話オムニバス。合間のツナギにも翔子様の情熱が伝わる。長谷川るみ主演の一話目はAIPあたりの手作りSFを思わせ、広澤草の二話目は「やっぱり寺島進の顔は映画に力をもたらすなあ」と確かな手応え、加藤夏希の三話目は映画制作バックステージもの。そういや早川ナオミの名前もバックステージもの『旧支配者のキャロル』に由来するんだよな、と、感慨深し。どれも女優の顔を一所懸命撮っていて、女性監督が女性の魅力を絞り出すのが見もの。観終えた後に女性は「こういう子、知ってる」「この気持ち、分かる」と語り合い、男性は渋谷の街を歩く女性に秘められたドラマを想像してみるのも一興ではないかな。18日までレイトショー。応援しています。

この世界の片隅に』(2016/12/5 記)

めっちゃ志が高くて誠実な映画だった。
ひとりの愛すべき人間が、豊かな風土が過酷な状況に移り変わっていく中で「生きた」ということを、その「肉体と魂」を引き受けて描くというのがどんなに大変なことか。充分な覚悟の上で必要なことを全てやろうとしている。
そうした作り手の姿勢は、開巻間もなく石段脇の石垣を利用して大きな荷物を背負うアクションから示されている。アニメで文字通り「描く」ことで「実感を創造」し、観客にも体験を分かち合うことを求める。そのような細かく丁寧な作業(=演出)の連続の中で、幻想シーンもみごとに花開く。
映画が終わってから、外に出る観客たち、ロビーを歩く人々に、皆が主人公と同じように「生きているんだな」と感じさせる。創造された主人公とその世界が、我々自身の世界への感じ方の導き手となる。なるほどこれは観て、浸ることで、自分を少しでも成長させてくれるような「芸術」なのだ。

※追記:これ、いわゆる「ジェルソミーナもの」の一種でもあるよね。誰がいわゆってるのか知らないけど。