読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常生活で使える映画慣用句集

日常生活で便利に使える映画の名セリフを紹介していきます。ただし、あまり真面目に読み過ぎないで下さい。

サスペンス

2016年映画感想録~3

ブログのお題とは離れるけど、引き続きfacebookに書いた今年の映画感想集。今回は『函館珈琲』『淵に立つ』です。 『函館珈琲』(2016/10/22 記) イオンシネマ春日部にて鑑賞。函館の風格あるアトリエ付きアパート翡翠館に、東京からやってきた青年。ガラス…

2016年映画感想録~2

ブログのお題とは離れるけど、前回の続きでfacebookに書いた今年の映画感想集。振り返ってみると、意外に書いてなかったりひと言で済ませてるのも多い。まあ基本、褒められない映画のことは書かないのだが、かなり重要作についてもちゃんと書いてない。今年…

2016年映画感想録~1

せっかくブログのスペースがあるのに使わないのは勿体ないので、お題とは離れるけど、facebook に載せてた2016年の映画感想を再録します。本日は『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『ブリッジ・オブ・スパイ』『ベートーヴェン通りの死んだ鳩』です。 『…

私はクレメンタインという名前が大好きです

☆私はクレメンタインという名前が大好きです『荒野の決闘』西部史に名高いOK牧場の決闘を描いたジョン・フォード監督の傑作です。ラストで主人公ワイアット・アープが、ヒロインのクレメンタインに告げるセリフ。みごとな照れ隠しですね。クレメンタインの…

ローリングストーンズなど来やせん

☆ローリングストーンズなど来やせん『太陽を盗んだ男』文太よ!!!!ということで、名作の名セリフです。内容は御存知の方も多いでしょうが、原爆の手作りに成功した男が、それをネタに国を脅迫して様々な望みをかなえようというもの。菅原文太が演じるのは…

ロシア語で考えるんだ

☆ロシア語で考えるんだ『ファイヤーフォックス』クリント・イーストウッド監督・主演の戦闘機アクションです。イーストウッドの腕利きパイロットが、当時はまだソ連だったロシアに侵入。「歩いていって乗る」という物凄くアナログな手段で、最新型の戦闘機を…

陰気な顔するな、気楽に考えろ

☆陰気な顔するな、気楽に考えろ『第三の男』キャロル・リード監督の恵比寿ビールのCM曲が流れまくる有名作から。主人公と久々に再開した友人が、悪の道に誘おうとするときのセリフです。このあと、有名な鳩(実はカッコウ)時計のセリフにつながります。ま…

タラ!わたしのふるさと!

☆タラ!わたしのふるさと!『風と共に去りぬ』ハリウッド黄金時代を代表する超有名作です。ラストシーン、ヒロインは自分が真に愛している男は誰かに気づくのですが。その直後に彼に振られるという、悲惨な目に遭います。ひとりになったヒロインは、「どうし…

偉大なる犯罪の支配

☆偉大なる犯罪の支配『ドクトル・マブゼ』催眠術で人心を操るトリックスター的な巨悪、怪人マブゼ博士を描いた伝説的シリーズのキーワードです。無声映画時代のフリッツ・ラング監督にとって『メトロポリス』に並ぶ代表作で。トーキー後もシリーズ化され、ま…

パーフェクト!

☆パーフェクト!『チャック・ベリー/ヘイル・ヘイル・ロックンロール』キース・リチャーズが世話人となったチャック・ベリーのコンサートを、記録した映画です。リハーサルのシーンで、キースがチャックの曲のイントロを弾きます。それをチャックが、「違う…

菊池君、偉い!

☆菊池君、偉い!『明治侠客伝 三代目襲名』加藤泰監督、鶴田浩二主演の任侠映画の名作です。作中、やくざのお偉方が並ぶミーティングで、悪い奴が自分の都合を通そうとする。そこで、鶴田演じる主人公の菊池が真っ当な反論を述べます。力関係から言えば、鶴…

これがナンバーワンのやりくちだ

☆これがナンバーワンのやりくちだ。『殺しの烙印』殺し屋ナンバーワンが実力の一端を見せたあと手紙に残す言葉です。自分の流儀を自慢気に明かすときにお使い下さい。セリフの後に重々しく説明をつけくわえましょう。例:「これがナンバーワンのやりくちだ。…

そんなことより今はヒゲだ!

☆そんなことより今はヒゲだ!『フレンチコネクション』ラストでFBIを誤射した鬼刑事ポパイが、相棒ラッソーに言い放つセリフです。間違って殺したぐらいで騒いでいるよりも、ヒゲが目印のラスボスを仕留める方が重要だ-という意味です。面倒くさくなりそ…